シンポジウム「今そこにあるサイバー危機」ライブ配信特設ページ

2019年6月11日(水)に開催されたシンポジウムの様子の動画、講演資料、質疑応答を公開しています。



■動画配信のご案内

※ライブ配信動画(録画)の配信は予定を繰り上げて終了いたしました。(2019年6月19日)




■質疑応答

  • (質問1)他分野にも言えることですが、特に医療の現場でセキュリティの導入が進んでいかない原因は何でしょうか。お金の問題、危機意識、そもそも知らないなど原因はあるかと思いますが、1つあげるとすると何かお聞きしたい。
    (回答1)医療機関の規模や業態等によっても事情は異なりますが、危機意識の不足が大きな原因だと考えます。(澤倫太郎)

  • (質問2)講演中、まつもと先生が、職場でのIT環境は職員が兼務で管理する場合が多いが、クラウドはプロが管理している、との発言をされていました。私たちの事務所も、データセキュリティおよびデータ管理の観点からメリットがあると考え、(まずは試用としてですが)クラウドサーバを導入することが決まっております。こうした「クラウドを利用してデータを外に置く」ことについては、これからの趨勢になるのでしょうか。
    (回答2)以下のような懸念によりクラウド利用に抵抗があるという話をしばしば耳にします。・通信インフラに障害が発生した場合に利用ができない。・セキュリティ対策が取られていても情報漏洩リスクは0ではない。・クラウド企業が倒産すると預けているデータが他社に渡る可能性がある。しかし、すべてを自前でやることは現実的ではありません。なぜならばセキュリティが問題になる情報を充分なレベルで管理することは個別の事業者にはほぼ不可能だからです。今後は、お金を銀行に預けるのと同じレベルで情報をクラウドに置くことになると思いますし、それがより安心してできるように、システム、組織、法制度が整備されるべきですし、その方向で進んでいると考えています。(まつもとゆきひろ)
協賛応募
お問い合わせ